ひこままのおせっかいぶろぐ

効率的な入浴方法にたどりつくまでの道のり

time 2017/01/08

効率的な入浴方法にたどりつくまでの道のり

スポンサーリンク


生後10日目 実家にてベビーバスを使って沐浴。

産後、実家にお世話になってるときは、ダンナか母親が沐浴してくれていたので、わりと自分はゆっくりお風呂タイムしてたような・・・

 

生後16日目

img_1439_ink_li

自宅に戻り、はじめて洗面所で沐浴。洗面所はピカピカに洗っておけば清潔かなと思って実践。息子も気持ちよさそう。

 

生後二か月ちょい。首も少ししっかりしてきた頃。

img_1669_ink_li

ちょっと洗面所での入浴は大きくなってきたかな。

ssss_ink_li

息子を洗面所で洗ったあと、綺麗に体を拭いて服を着せて、ベビーベッドに寝かせて、その間に急いで私がお風呂入ってました。しかもお風呂の扉は全開。この頃の自分は、体だってまともに拭いてなかったし、髪の毛もまともに洗えなかったし、なんだか全身痒かったな…(笑)

 

かなり洗面所での入浴は狭くなってきましたので、生後2か月ちょいになって、一緒に入浴してみました。

img_1898_ink_liぷかぷか~♪

img_2103_ink_li

この頃は、浴室マットを敷いて、自分の膝の上に息子をのせて、からだを洗ってあげていました。

浴室マットを使うと、自分のおしりも冷えないし、子供をマットに寝かせて体を洗うことだってできるし、自分の体を洗う時は、様子を見ながらマットに寝かせていました。

お風呂からあがるときもまずは自分の体を拭いて、その間は子供は危なくないようにバスマットにいてもらいました。もちろん部屋の温度は温かくして、体が冷えないようにしました。

・ベビーチェア→おしり部分の衛生面が気になるし場所をとる

・ねんコロマット→サイズが小さいから、子供の小さい時しか使えない

・スイマーバ→レビューにあるように不安要素がある

で、いろいろ考えた結果、お風呂用マットを敷いてそこに自分も座っちゃえ♪という方法が一番良かった。これが一番効率的に親子の体が洗えて、使用後は洗って干しておけばいいので、衛生面が気にならない。そして邪魔にならない。いらなくなった時に簡単に処分できる。(我が家では、しっかりつかまり立ちできるようになったころにお風呂用マットはもう使わなくなりました)

でも今日はグズりがひどいなぁって思ったり、自分の体調が悪かった時は、洗面所で洗ってあげる日もありました。生後三か月の息子。

pppp_ink_li

ぷかぷか~(^^) 気持ちよさそうだけど、もう限界すぎるサイズ感。この日をもって洗面所入浴を断念しました。

息子は現在2歳半。今では、最初に息子の体をしっかり洗ってあげて、そのあとに浅めのお風呂に一人で入ってもらっています。その間に(息子の様子を見て、息子とお話しながら)自分の体を洗います。洗い終わったら、息子と一緒に入浴します。このように入浴も楽しくなってきている現状です。

息子がつかまり立ちできるようになるくらいまで、入浴は本当に大変でした。とはいえ、今でも目が離せませんが、おしゃべり出来るようになった今、だいぶ楽になりました。

子供との入浴。自分の体調が悪い時だってあります。

「子供といたら、自分はゆっくりお風呂入れないのは当たり前、自分のことは適当でいいや!」という気持ちになりがちですが、子供のことを考えつつも自分を大事にしながら、一緒に入浴を楽しめたらいいですね。

スポンサーリンク


down

コメントする




ひこまま

ひこまま

多趣味な一児の母。子供と一緒に毎日笑顔でいれる生活スタイルを心がけています。暮らし、美容、育児など、自分らしく綴っていきます。