ひこままのおせっかいぶろぐ

フリマアプリでトラブルゼロ 確実に売る方法

time 2017/03/15

フリマアプリでトラブルゼロ 確実に売る方法

主婦の間で絶大な人気フリマアプリ。メルカリ・フリル・ラクマ・ジモティ・ヤフオクなど

若い頃に買ったブランド品、旦那の洋服まで「意外に高く売れちゃうのよ~オホホホ!」というフリマアプリ。流行ってますよね。ちょっとした時間を利用して、スマフォ片手に出品。良いお小遣い稼ぎになりますよね。

 

「再出品しても売れないの」って嘆き悲しむそこのあなた。

正直、自分が散々使って、いらない物売ってるんでしょ。そんなの誰が欲しいと思うの。家中のゴミが売れるわけないよ

出品したものを確実に売りたい。それなら、まだ手放したくない商品を出品してください。

それでも断捨離して、たんすの肥やしを売りたいのよって人、必見です。

 

リサイクル業、オークションなど、自分の経験を元にリピーターがつくような出品の仕方、お互い気持ちよく取引出来る方法を紹介します。今回は衣類の出品についてお話したいと思います。

スポンサー

画像加工したらアカンよ

照明をうまく使いこなし、実物を忠実に再現する。

写真は最低でも3枚以上。正面、背面、ブランドタグや素材タグの撮影は重要。

ピントが合わないなら何度でも撮影しなおしてください。

撮影時の背景は白。トルソーまたは、必ずハンガーにかけて撮影。スカートやズボンもボトムスハンガーにかけて撮影します。ベッドの上で撮影、床置きNG。余計な物は絶対に写さない。

商品の詳細は引くくらい書く

  • 商品に擦れ、傷、汚れなどが少しでもある場合は、目立たない場合でも詳しく書き、その箇所を撮影すること。
  • まずタイトルは見やすく、わかりやすく、検索にひっかかりやすくする。例えば「【未使用】UNIQLO ユニクロ 2017秋冬 キルティングジャケット M」など。
  • 写真見ればわかるでしょ!っていう商品にも必ず説明を加えます。例えば「正面スナップボタン開閉。左胸にポケットが1か所…」など厳密に。
  • カラーも適当に「ブラウン」などと書くのではなく「【カラー】ブラウン ほんのり赤みの強いブラウン」など書く。
  • 生産国・購入時価格を記載する。
  • 新品なのか、未使用品なのか、中古品なのか、ジャンク品であるのか。未使用品の場合でも最後の欄に「未使用品ですが、保管時による皺、小傷などがある場合が御座いますので、予めご了承ください。」など添えること。

 

  • サイズ表記書いてあるし、いちいち測るなんて面倒だ なんて思ってませんか。実寸サイズも明記してください。
  • スカートの場合(ウエスト、全長など)
  • トップス、上着など(肩幅、身幅、着丈、袖丈など)
  • 靴(全長、最大幅など)
  • ボトムス(ウエスト、股上、股下、わたり幅、裾口など)

 実寸サイズの前には必ず「約」と書くこと。(約〇〇cm)  実寸には、多少の誤差があることを付け加えるのも重要。

フリマアプリで売れやすい物とは

  • 新品・未使用品(タグ付き)
  • 美中古品(保管状態の良いもの)
  • 高価なブランド品(中古でもけっこう売れますよ)
  • 有名アパレルメーカー品
  • 季節に合わせた洋服(常にやや先取りが大事。先取りし過ぎなのも購買意欲を失います)

フリマアプリで売れにくい物とは

  • 使用感のある物(たんすの肥やし感が出ているもの。シワシワ、くたびれた服は論外)
  • スーツ(自分の体に合ったものを求めるのは難しい。出品の仕方にも一工夫必要かも)
  • ボトムス
  • 目立つ傷、擦れ、ダメージがあるもの

発送の際の梱包について

衣類を小さく畳んでダイレクトに封筒にいれて、贈った方が送料がかからないですよね。でもこれだと受け取った側の印象は最悪です。楽しみにしていた洋服がシワシワになってたらどう感じますか。

だからといって梱包に無駄なお金をかけるのは痛い出費になってしまいます。

衣類などを梱包する時は、透明の袋(OPP袋)に入れて発送するのが大事です。その時にただ畳んで入れるのではなく、お店で購入した時のようにアパレル店員さんになりきって、1枚1枚丁寧に畳んで下さい。

OPP袋に入れた後は、封筒、もしくは綺麗な紙袋にいれて発送します。

最後に

「こんなもの買わなければよかった」「画像で見たのと全然違う。騙された。」など、買い手側が嫌な気持ちになったり、トラブルがあるのは絶対良くありません。

その商品、自分ならいくらで買いますか?常に買い手の気持ちになって、価格設定などしてみてください。

スポンサー

down

コメントする




ひこまま

ひこまま

多趣味な一児の母。子供と一緒に毎日笑顔でいれる生活スタイルを心がけています。暮らし、美容、育児など、自分らしく綴っていきます。