ひこままのおせっかいぶろぐ

ママ目線!お台場レゴランドに行ったらレゴ好きッズには、たまらない充実感があった

time 2017/07/11

ママ目線!お台場レゴランドに行ったらレゴ好きッズには、たまらない充実感があった

レゴが大好きな息子。3歳のお誕生日祝いに

レゴブロックがいっぱい!お台場にある屋内型アトラクション、LEGOLAND DISCOVERY CENTER TOKYO(レゴランドディスカバリーセンター東京)に行ってきました。

実は今回レゴランドディスカバリーセンターに行くべきかすごく悩みました。ケチケチママからすると、入場料がちょっぴり高い気が…するんですよね。

実際行ってみたら、チケット価格に納得!年パスが欲しくなるほど楽しめました。その時の様子などをレポートしたいと思います。

レゴ好きにはたまらないエントランス

土日は混雑しているようなので、私たち家族は平日のオープン時間(10:00)に行きました。

良い感じに空いてました。

レゴ好きにはたまらないレゴの世界。

レゴ工場 レゴファクトリー

どのようにレゴブロックがつくられるのか、レゴブロックの秘密を知ることが出来ます。

ボタンを押したり、レバーを引いたり、小さい子どもが楽しめるようなっています。

レゴの体重計もたのしめます。

広告

リアルな夜景が楽しめる ミニランド

東京の名所がブロックを使って表現されています。

「これぜんぶれごなのー?」と息子も大興奮。

本物の東京の夜景を眺めているかのように、街並みの灯りがとても綺麗でした。

レーザーガンで敵を倒せ キングダム・クエスト

きみは強力な戦車に乗り込んでガイコツ戦士を打ち破り、捕らえられたプリンセスを救い出そう! さあ王国を守る騎士になるための冒険に出発だ! ぶきみなガイコツ戦士やモンスターがあらわれたら、レーザー・ガンが装備された戦車で戦うぞ!  きみは敵をどれだけ倒すことができるかな?

引用:レゴランドディスカバリーセンター東京ホームページ

乗り物に乗って、一人ひとつレーザーガンを持って、敵を倒して点数を競うことが出来ます。急発進したりする乗り物ではなく、ゆっくり進んでいく乗り物なので、3歳の息子も安心して乗れました。

ぐるぐる回る マーリン・アプレンティス

乗車制限は身長が90cm以上となっていました。息子はジャスト90cmなので乗ることが出来ました。二人乗りなので、息子と旦那が隣に座り、私は一人寂しく乗りました。

これね、けっこうなスピードでクルクル回るんです。更にペダルを漕ぐとフワっと上にあがります。

乗る前は不安でしたが、怖がりな息子も私もとても楽しめました。

臨場感あふれる 4Dシネマ

3Dメガネをかけながら鑑賞します。

※上映前の写真です。

上映時間は約12分。風が吹いたり、軽い水しぶきが飛んできたりします。子どもだけではなく、大人も十分楽しめるストーリーになっています。途中で飽きてしまったらどうしようかと思いましたが、終始真剣。と~ってもおもしろかったようです。

体を思いっきり動かせる レゴニンジャゴーシティアドベンチャー

本格的なアスレチックがあります。

さまざまな仕掛けがある大型アスレチックです。雨の日でもおもいっきり体を動かして遊ぶことが出来るのは嬉しい。

車を作って走らせよう レゴレーサー:ビルド&テストゾーン

タイヤなどのパーツがあるので、それらを組み立ててオリジナルの車を作ります。

作った後は、走らせて遊ぶことも出来ます。

このコーナーは子どもよりも大人の方が夢中になっていました。パパさんたち、腕のみせどころですよ。

作り方を学ぶ クリエイティブワークショップ

ワークショップは予約が必要です。

ワークショップの開催時間になったら、ワークショップ前に並び、袋に入ったブロックと、設計図を貰い、席につきます。

私が行った時は、まねっこクラスというプログラムで、ロボットを作りました。

スタッフがスクリーンを使いながら、組み立ての説明をしてくれます。レゴ慣れしている人向きの教室で、説明は次から次へと進んでいきます。

さすが、レゴ好きが集まっているだけあって、みんな黙々と組み立てています。

息子のように3歳くらいの子たちは親が後ろで見守りながら、一緒に組み立てていました。

かっこいいレゴロボット完成

作ったレゴは持ち帰ることは出来ません。作ったあとはみんなでロボットランドに連れてってあげましょう!とスタッフがいうと、子どもたちは楽しそうにロボットを飾っていました。

最後に設計図と修了証がもらえました。

これには息子もかなり達成感を味わえたようです。

電車を自由に走らせよう レゴシティトレインワールド

出口付近にあるアトラクションです。

レゴで出来た電車を線路に走らせて遊ぶことが出来ます。

カフェテリア&小さい子どもにも嬉しい情報

可愛いレゴのカフェテリアもありました。ドリンクや軽食あり。(ただし離乳食販売などはしていません。)テーマパーク価格ですが、子どもがパクパク食べられる物が多く、思ったより高くはないかなといった印象。メニューは、こちらから。レゴカフェテリア

 

他にも、2~5歳向きのデュプロがあるコーナーや、フリースペースがありました。

コインロッカー、授乳室もあり、各所にベビーカー置き場があります。

 

アトラクションの身長制限情報は、こんな感じです。

レゴに囲まれて誕生日会が開催できる個室パーティールーム

予約必須の誕生日会が出来ます。レゴブロックの名前入りのバースデーケーキもあるそうです。

ワークショップ付のプレミアム誕生日会も開催可能なので、これはレゴ好きのお友達と利用してみたい。(レゴ友募集中)

詳しくはレゴランドディスカバリーセンターホームページからご覧いただけます。

ここでしか買えない限定グッズ・お土産コーナー

レゴランドディスカバリーセンターでは、名入りのレゴキーホルダーを作ることも出来ますが、息子は

何種類もあるフィグパーツから選ぶ、オリジナルフィグを購入しました。

フィグが増え、いろいろな乗り物を作ってくれるようになりました。

広告

レゴランドディスカバリーセンターに行く前に知って欲しいこと

再入場は出来ません。

レゴランドディスカバリーセンターは子供のための施設です。大人のみの入場は出来ません。

毎月5日のレゴナイトという定期的に開催するイベントの場合、大人だけの入場が可能です。

チケット購入について

3歳以上は入場料がかかります。

当日券は2400円。ですが、前売り券の方が断然お得です。オンライン前売りチケット購入だと、平日:1950円 土日祝:2100円  ※16:00以降は1700円です。

その他、大人のレゴナイト情報などはこちらから▶レゴランドディスカバリーセンター東京チケット詳細

お得な年間パスポートもあり

年間パスポートは6000円。3回行けば元が取れてしまうし、レゴスクールに通うより断然お得!年間パスポート購入すると、施設内のショップやカフェでお買い物10%オフになります。

アクセス・営業時間について

デックス東京ビーチ(港区・お台場)の中にあります。

アクセス

  • ゆりかもめ お台場海浜公園 下車徒歩2分
  • りんかい線 東京テレポート 下車徒歩5分

営業時間

  • 平日(月曜~金曜) 10:00~20:00(最終入場 18:00)
  • 週末及び休日(土、日、祝) 10:00~21:00(最終入場 19:00)
    ※お盆やGWなど繁忙期は変更あり。

公式ウェブサイトhttps://www.legolanddiscoverycenter.jp/

レゴランドコラボ企画 プログラミングスペシャルキャンプ開催中

世界で注目を集めている教育プログラム(2017年 8/11(金・祝)・9/3(日)に参加出来る企画があります。対象年齢は5歳から10歳になります。夏休みの思い出にも良さそうですよね。

レゴランドディスカバリーセンター東京に行った感想

レゴランドディスカバリーセンターは、レゴ好きの子どもなら一日中楽しめると思います。私が行った時は、どっちかといえば、男の子連れの方が多く、レゴ好きな男の子がおもいっきり楽しんでいるように感じました。

(たまたまかもしれないけど)レゴフレンズコーナーは閑散としていました。平日は狙い目なのかもしれない。

息子は2歳半からレゴクラシックに夢中、レゴスクールも気になっていたので、かなり楽しめたようです。休日で混雑していた日だったら「一度で十分」ってなるのかもしれないけど、私が行ったのは比較的空いている平日だったので、「また行きたい!年パス欲しい」と思いました(^^)

今回は、レゴ大好きっこにおすすめしたいスポットを紹介させていただきました。参考になれば幸いです。

 

他にも子どもとお出かけスポットを紹介しています。

消防博物館へgo!子連れに嬉しい、大人も楽しいのに入館無料だよ

ママ必見!子連れでサンリオピューロランド 注意すべきこと

五反田プラネタリウム大人200円で癒しの空間へ 入場無料お昼寝星空タイムあり

 広告

down

コメントする




ひこまま

ひこまま

多趣味な一児の母。子供と一緒に毎日笑顔でいれる生活スタイルを心がけています。暮らし、美容、育児など、自分らしく綴っていきます。