ひこままのおせっかいぶろぐ

生涯で11人に1人は乳がん 自己触診補助具ママリーチェッカー試してみました

time 2017/06/25

生涯で11人に1人は乳がん 自己触診補助具ママリーチェッカー試してみました

乳がんは、女性が最も気にしなければいけない病気のひとつだといわれています。

食生活やライフスタイルに伴って、乳がんは増加傾向にあるそうです。

画像参照:ピンクリボンフェスティバル

乳がん早期発見のためには、乳がんのセルフチェックが大切です。

乳房自己触診補助具ママリーチェッカーというものをご存知でしょうか。

EVAフィルムの三層構造から構成された、乳房の自己触診用グローブです。このグローブをすると、掌の間隔が鋭敏化することで、接触皮膚にある異物をより検出しやすくすることが出来るそうです。

乳がん自己触診をする為に、今回ママリーチェッカーN(乳房自己触診補助具)を使用してみました。

ハート型をしている手袋です。左右兼用で1枚入っています。

こんな感じで3層になっています。

第一層と第二層の間に手を差し込み、台紙からはがします。このグローブをはめて自己触診していきます。

髪の毛一つでも触ってみると、細い針金を触っているかのような感覚がしました。

私はこちらの画像を参考に自己触診してみました。

画像参照:健康管理センター

乳房を自己触診するときのポイント

  • 生理が始まって1週間後くらいに、月1回は必ず自己触診するようにする。
  • 仰向けに寝て触診チェックするとよりわかりやすい。

(あくまで自己触診なので、自己判断はせずに異常を感じたらマンモグラフィを必ず受けること)

 

乳がんは自分で見つけられることが出来る唯一のがんです。「自分は大丈夫だろう」と思わず、セルフチェックを習慣づけようと思います。

 

▼他にも女性に読んで欲しい記事

子宮頸がん HPVに感染しました。20歳以上は絶対検診して‼

スポンサーリンク

down

コメントする




ひこまま

ひこまま

多趣味な一児の母。子供と一緒に毎日笑顔でいれる生活スタイルを心がけています。暮らし、美容、育児など、自分らしく綴っていきます。